ビビりあげろんの記録と実験

考えたことをまとめたり、気になることを試したり

「大切の人を亡くした人になんて声をかける?」

大学生の時、よく話していたクラスメイトから突然聞かれた。

「なーなー、大切な人を亡くした人になんて声をかける?」

全くなんの脈絡もなく言われたものだから、戸惑ってしまった。

それも真剣な様子とかではなく、いつも通りの明るい感じなのだ。

何か人文系の授業でアンケートでも取っているのか?

身近な誰かがなくなったのか?

それとも大切な人を亡くした誰かに声をかけたいのか?

意図が全く読めない。

「声はかけられないな。なんて言っていいかわからない。余計傷つけそうだから」

すると彼女はこう言った。

「そうなんだ!私は一緒にご飯食べに行ったり遊びに行ったりして明るくするよ!」

話はこれで終わった。

彼女は何もなかったかのように別の話題を話し始めた。

結局彼女の目的は分からずじまいだ。

ただでさえ薄い表面上の仲良しさんではあったが、その時に

「ああ、この子とはこれ以上仲良くなれないな」と思ったことを鮮明に覚えている。

私が悲しくて一人になりたい時に、ガンガン遊びに誘ってくるんだろ?と。

その後クラスが分かれたため、疎遠になって今に至る。

 

 

 

今になって思うことが2つある。

 

1つは「人は自分がして欲しいと思うことを人にしたがるものだ」ということ。

相手のことを知っていれば相手の希望に合わせることはできるが

そうでなければ自分が基準になる。

モノサシは人の数だけある、というやつだ。

彼女は自分が悲しいときは、明るく接して欲しいタイプだったのだろう。

傷つけるかもしれないからと声をかけないでいたら

彼女を悲しませるのかもしれない。

そういえば「いつもと同じように接する」という優しさがある。

どちらも一つの優しさの形なのだろう。

 

もう1つは「多様性には不愉快なことも含まれる」ということだ。

猫も杓子も多様性多様性と久しいが

「多様性」というからにはその中に自分が不愉快になることも含まれる。

自分が大して好きでもないものを「大好き~」と言う人がいるよという

みんなちがってみんないい、お花畑だけが多様性ではない。

自分にとって不快な考え方をする人の存在を許容することも多様性だ。

※嫌いな奴に反論するなと言っているわけではない

「こいつマジ腹立つわ、胸糞悪っりー頭おかしいんじゃね?(以下自主規制)」

というくらいのクソ野郎の存在を許せるか、という話だ。

ちなみに私はクソ野郎の存在など許してはいない。

完膚なきまでに叩きのめしたいのだがスキルがないのでやらないだけだ。

あと「多様性でみんな認め合えばいいね~」というお花畑の人から

「みんな仲良くしようよ!」と帰りの会みたいな反論が来るのは別にいいかと

思っている。

 

話が完全にとっちらかっているが。あれだ。あの子は元気してんのかね。

身内の戦時中の記憶

備忘録として。

 

1.父方の祖母

・11人兄弟の末っ子だった祖母。

 2番目のお兄さんは、体が弱いのに兵隊に取られて戦病死した。

 (なぜか食事中にこの話をされるのだが

 週4くらいのペースでこの話をされるので、よほど悲しかったのだろう)

 

・若い頃は体が弱かった祖母。

 ある朝に臥せっていると、障子の向こうが何やら光り、大きな音がした。

 当時呉の田舎の方に住んでいたそうなのだが

 用事で広島に行っていた従姉と叔母さんは、とうとう帰ってこなかった。

 

・「あーこりゃー戦争負けるわー」と思っていたが、口には出さなかった。

 

2.父方の祖父

・当時海軍で整備士だか何かをしていたらしい。

 ある夜、あまりに喉が渇いたので、外にあったバケツの水を飲んだ。

 何か味がおかしいな、と思ったが気にしなかった。

 翌朝見ると、魚を入れるバケツだった・・・らしい。

※直接聞いた訳ではないので、超絶うろ覚え。

 

3.母方の祖父

・中国の奥地にいたらしい。

 敵と遭遇し、銃を撃って逃げた。

 当たったかどうかは分からないという。

 この話を詳しく聞いたのは父だけなのだが

 これ以上詳しくは教えてもらえない。 

盆灯籠と精霊馬フェスティバル

お盆ですな。盆は全て仕事です。

小屋浦の原爆慰霊碑も盆灯籠で飾られて綺麗です。

盆燈籠 - Wikipedia

墓に立てるこの灯籠、広島だけなんだろうなとは思っていたが

広島でも西部だけらしい。

福山出身の元上司が「広島方面に来て初めて見た」っつってたな。

真ん中の丸いのは浄土真宗のマーク。

 

それはそうと精霊馬フェスティバルやってます。

今年も気合いの入った精霊馬職人が集結!!芸術品から魔改造まで盛りだくさんの“精霊馬コレクション2018”をご覧ください - Togetter

故人を偲ぶのか、遊びたいのか。

どっちもかな。

どうでもいいが、きゅうりとナスを組み合わせるのは認めない派。

用途が違うやん。

 

うちでは精霊馬は作ってません。みたことない。

うちの爺さんどもは

自分らで何かこさえそうだなぁと思うので(ガチ機械電気系の人)

素人は手出ししません。

休みの予定が1つでも消化できたら自分を褒めていいと思う

休みの日は基本寝ている。

うだうだしている。

しかし職場の休憩室では休みの予定を色々立てている。

あれをしよう、これをしよう、ここでこれをせねば…

しかしそれが全て実行されることはほとんどない。

だって寝てるから!

1日寝ないと体力が回復しないのに

今月連休なしってなんなんだ(←まだ言う)

だからなんかもういいやと。

そもそも燃費が悪い体なのだ。

フットワークが軽いわけでもない。

ゲームに例えるなら、体力ゲージが少ない状態で攻撃しているのだ。

なんでも出来るわけじゃない。

1回でも攻撃できればいいじゃないか。

そう捉えることにした。

それに「あれもしてない、これもできてない」と自分を責めるのは無意味というか

心が休めてないので

結局しんどいまま、気力が回復しないままになってしまう

と今気がついた。

よし偉いぞ自分、今日は勉強して米を買ったな!

あとはちょこちょこやっていこう。

掃除だってできたんだから、ちょこちょこでいいや。

やっぱり秋が好き

春はどちらかといえば嫌いではない。

水温むという言葉があるように、

少しずつ空気や地面や水が緩んでいくのは好きだ。

でも花粉症だから。

あとGが出だすから。

 

夏は嫌いだ。

暑いじゃないか。

裸になっても暑いじゃないか。

冗談抜きでヤバいじゃないか。

海は水クラゲ…ならまだしも

変な魚か何かに刺されて

足が真っ青になったことがあるから行きたくない。

 

秋は好きだ。

空は澄んでいる(気がする)し

多少肌寒いくらいなら服を着ればいいし

夏のテンションが落ちて

日常に戻っていく感じが好きだ。

夏の終わりの朝方に

少し冷たいような空気が流れるのが好きだ。

 

冬は好きと嫌いが半々だ。

空気が冷たくなって、星が綺麗に見えるのが好きだ。

正月に神社で地元の人とダベるのが好きだ。

でもあかぎれしやすくなるのは嫌いだ。

あとリア充は爆発すればいい。

 

枕草子みたいにしようと思って一行目で挫折。

地獄の天然パーマをなんとか落ち着かせるコツ

どうもみなさんこんばんは。
スチールウールでーす。
この季節地獄ですね!なんたって頭に自前のスチールウールが乗っているんだから。
寒い時期ならともかく、湿気+熱+汗で
頑張ってアイロンで伸ばした髪の毛はあっと言う間に
元通り+αになってしまう。
くりんくりんならかわいいものだけれど、ぐりんぐりんなのだ。
誰がそこでハネろと言った?
何がどうなったら変な縦ロールが発生するんだ?
朝起きたときは、そんなことなかったじゃない!
アイロンかけたじゃない!
出勤の1時間半でこの惨事は一体なんなの!
もう、なんなのぉー(裏声)

「天然パーマに悪い奴はいない」と某銀魂漫画で言っていたが
人の苦しみが、人の痛みが分かるからじゃないかなと邪推&邪推。

閑話休題、天然パーマをなんとかかんとか落ち着かせるコツ。
温めて形を作った後、冷やす!
アイロンなりブローなりをした後、ドライヤー(冷)で冷やす。
これだけ!
髪の毛は冷える時に形が決まるそうなので
弱めの冷気を当ててあげると良いです。
ただしあくまで「落ち着ける」であって
「きっちり真っすぐにする」ではないので注意。

もちろん冷やす時間が必要になるので

その分早目に身支度を始めないといけない。
というか、このくそ暑いと汗をかくので
綺麗に真っすぐにはならんかったとです。ヒロシです
ストレートパーマは伸びてきたときに大変だからかけない派。