ビビりあげろんの記録と実験

考えたことをまとめたり、気になることを試したり

プロの動作について、抽象度を上げて考える

先日やってみた、「音を立てない様に包丁を使う」の話から考えたこと。

friedchicken.hatenablog.com

 

「余計な力を使わない」「使えるものを最大限利用する」ことがプロなのかな?

そぎ落とされた美しさというか。

そして余計な力を使わないことで効率化に繋がっているのだと思います。

 

例えばレジ。

スーパーのレジが速い人って、余計な動きが少ないんですよね。

バーコードを探したり、かごの中を入れ直したり、横揺れがなかったり。

担当によっては横揺れしますからね、レジ。一生懸命なのにスピードがそんなでもなくなります。

それはなぜかというと、どこにバーコードがあるか?どう置けばきれいにおけるか?

を考えるのではなく体で覚えているからだと思います。

両手を同時に使うとか、次に並んでる人のカゴを見てどう打っていくか判断するとか。

 

例えばそろばん。

そろばん塾に通っていた時、先生がよく言っていたのが

「9段・10段になる人は、音を立てない。幽霊のようにはじきなさい」ということ。

すげー静かなんですよ。

パチパチ音はしますよ?でも静か。変に動かない。

あと両手を使っている。右手で答えを書きながら、左手で玉をはじいている。

これは真似できませんでした。

 

例えば楽器。

管楽器で言われたのが「息を全て音にするように」

どうしても息が足りなくなるので(オーボエ除く)、無駄な息はもったいないです。

オーボエはリード(吹き口)が小さいので息が余ります。

ジョアのストローに思いっ切り息を吹き込むイメージ。

 

なんか、もう少し適した言葉があるような気がするんだけど浮かばない!むきー

抽象化もまだまだだなぁ。

 

19日目

普段使わない道を行く2

市内中心部の交通量めっちゃ多い所。

ナビがあるのに迷子になりました。死ぬかと思った。

一方通行とか、真っ直ぐ行ってたはずなのに右折レーンになってるとか

もう、ほんと嫌い…

【日記】自分の取説が欲しい

自己分析沼にハマり色々やったはいいけれど

その後が活かせてないなと思う今日この頃。

最終的に自分の取説が欲しいなと思う。

向き不向きとか、特徴が分かれば得意分野を伸ばしやすいだろうし

逆に苦手だけど好きってことをする時の注意点も分かるだろう。

この辺まとめねば。やること多いなぁ。

 

18日目

積極的に質問·発言する

仕事の話。

上司はもっと聞いて欲しいんだろうな。てかそう言われたし。

ということでガンガン聞いてみたし、やり方についても発言してみたよ。

キツい!よくみんなあんなに発言できるな。

というか、よくあんなに自分の意見を出せるよな…

発言する時にほぼ必ず「私が」「僕が」って言うしな。すげぇ。

求められることが性格と真逆過ぎてキツい。

モヤモヤしに行きませんか?哲学カフェレポ

哲学カフェに行ってきました!

哲学カフェとは?

カフェとかに集まって、みんなで哲学的な話題について討論する会です。

哲学カフェ - Wikipedia

何かしらの議題を決めて、知らない人同士でコーヒーやお酒を飲みながら話し合います。

司会の人はいるので、多少脱線しても大丈夫。

人数は色々だそうで、今回は10人くらいでしたが

司会の人曰く、本場フランスでは130人くらいでやったりするみたいです。

(もうそれ対話形式の授業やん…)

 

場所によっても違うのかもしれませんが、ルールがありました。

①自分の言葉で話す

要は誰かの引用ではなく、自分がどう考えるか?ということを語れということです。

引用したいなら、自分の言葉に直して話します。

昔の誰かじゃなく、あなたの意見を聞かせてくれというスタンス。

②人の話を聞く

遮って話すな、ということです。

なお、あまりに話が長くなったりしたら止められます。

往々にしてそういう時は脱線してますしね。

逆にいつも話さない人は話してみてね、と勧められます(強制ではありません)

③問いにして話す

ここが哲学っぽいなと。

あれがこうでああで…と話すと「問いの方ちで」と言われます。

「なぜ○○は✕✕なのか?」などなど。

問いの形にする方が共有できますし。

 

名前は本名でなくて構いません。完全匿名の所もあるとか。

私が行ったところは自分であだ名をつけていました。

これは他の人の意見について討論するときの為です。

「彼が言ったことについて〜」より「あげろんさんが言ったことについて〜」と言った方がコミュニケーションは取りやすいですね。

 

すげー面白かったです!!

人の考え方、視点は本当に千差万別。

言葉では聞くけれど、一つのテーマについて10人が語り合うとなると

本当に違うんだなということがライブでわかります!

個人ベースで考えるか?社会ベースで考えるか?具体例は?

また場で共有する定義は最初はないので、それをどう作っていくかなどなど。

人によって言葉の定義が微妙にずれていたりするので擦り合わせたり。

育った環境・経験も違えば視点はこんなに違うのかと実感します。

これがフリートークだとまた違うのかもしれません。

 

自分の中にない視点をライブで聞ける場は本当に貴重です。

2時間だと足りない!と思うけれど、2時間話し合うと頭パンパンです。

テーマが決まっているのですが、脱線しがちかな?と思いました。

自分の話をしたい人がほぼほぼですからね、自分も含めて。

司会の人がいるので、あまりに脱線すると戻してもらえます。

 

そしてこれがポイントなのですが答えは出ません。もとい、出るとはかぎりません。

最終回答を出すのが目的ではないからです。

ですので、モヤモヤしたままで終わります。

そしてモヤモヤを楽しむ場でもあります。

答えを出せー!という人が参加するなら

「なぜ答えが出ないといけないのか」という部分を考えてからの方がいいかも。

あるいは開始前にみんなに話しかけてみるとか。

「答えをだしちゃダメ」な場でもないので。

 

後悔?がひとつあるのが

私は情報を図で理解しているので、図解しながらみんなの話を聞きたかったなと。

話を聞くだけだと理解が遅いんですよね・・・

次回行くときに聞いてみようかな。

 

 

17日目

日が出ている間はSNSを使わない

ラマダンか!でもおかげで色々できました。読書とか。

SNSじゃなくて携帯電源オフにしてもよかったかも。

私が献血に行かない理由

ブッ倒れるから

食わず嫌いというわけではない(食べ物ではないが)

行ってみた上で無理!という話である。

 

※血がダメ、貧血気味の人は読んじゃダメ

 

 

大学に入学したての18歳、校内に献血車が来ていた。

「よし、大学生になったし社会貢献だ!」と意気揚々と向かう。

最初に血圧測定の時。

「あー、ちょっと高めですね。緊張してます?」

「あ、はい初めてなので」

今思えばなかなかに下ネタな会話である。

待っている人も多かったので血液検査の列に並ぶ。

検査のおば…お姉様から

「お!いい血してるね!400ミリいってみない?」

などと松岡修造がヴァンパイアになったかのような勧誘を受けている時である。

 

何かが視界の端でちらちらしだした。

そのちらちらはどんどん広がっていく。

と同時に視界が上から暗くなってきた。

ハイスピードカメラで夕焼けを撮影するように、すぅぅぅっと。

視界というより画面に近い。

自分が肉体から遠くなっていくような。

手が冷たくなってくる。

なんだ?と思っているうちに、頭を机にぶつけた。

痛い、けど痛くない。

遠くで女子が叫ぶ声がする。

 

なんとか頑張って起き上がると、お姉様から

「横になって休んでてね、落ち着いたら今日は帰ってね」

と言われた。ふがいなし。

帰りにポカリの薄味のやつをもらった。

 

その後2回目に挑戦。

この時は血が薄いと言って帰された。

 

それ以降、血液検査をすると気分が悪くなる体になってしまった。

会社の健康診断でも心臓の検査の時に横になった状態で血を抜かれる。

そうでないと気分が悪くなる。

そういえば親知らずを抜いた時も倒れたな。

あと前職で手の甲を思いっ切り切った時は吐いたな。あの怪我は痕になった。

「自分の体から普段抜けないはずのものを抜く」

というのが苦手なのかもしれない。

この話を赤十字の活動をしている友達にしたら「俺も失神したんよ〜」と軽く言われたので

意外と一般的なのかもしれない。

 

大学の先輩が献血50回を越したというので思い出した話。

社会貢献は金と体力(力仕事)ですることにしている。

 

16日目

いつもと違う筋トレをする

 

普段→スクワットと腹筋

今日→スクワットと背筋

普段背筋はしないのでキツイのなんの。

スクワットは好きなので一日おきくらいでしてる。

「筋肉体操」では週に2〜3回と言っていたので

10分くらいを日替わりでやったらよくね?とさっき思った。

…腕立て伏せ嫌いなんだけど、肩こりひどいし頑張る。

最近のSNSは色々あってわけわかめ

15日目

オンラインサロンの自己紹介を書く

今日はこれだけ。なぜかって

これだけでもうヘトヘトになったから。

どこになんのボタンがあるか分からん!

書く内容は後からでも変更できるとして操作方法が分からん。

てかまだ終わってない。さっぱりピーマン

「みんなで朝活」への道は遠い…

明日休みだからがんばるウェーイ!

国家機密漏洩?海自カレーを作る人の技

ずいりゅう!ずいりゅう!

14日目

音を立てないように包丁を使う

鉄腕ダッシュの海自カレーの回で見たのだけれど

潜水艦は探知されないよう、中では極力音を立てないようにする。

包丁のトントントントン…という音すら命取りなのだ。

それで料理の人は音を立てないように食材を切る。

こう、スッスッスッ…って食材を切る。

かっこいい…!真似したい!できるようになりたい!

 

結果

あんなスピードは出せない

プロすげー!

音を立てないように切るには、刃全体を使わないと出来ない。

すべらせるような感じかな?

いつもより時間かかった。

プロは大量の食事を作るわけで、それにはスピードが必須。本当にすごい。

トマトを切ったんだけど、いつもより溢れる汁が少ないし、崩れにくい。

断面が綺麗なんだと思う。

ジャガイモだと、煮崩れしにくくなるんじゃなかろうか。知らんけど

これはいい!料理の度に頑張ろう。

【自分史】オカルト好きの原点を辿る

オカルトだのスピリチュアルだのというのが好きなんだけど

きっかけはなんだったかな?と思い返してみることにした。

 

エピソード1 トイレ事件

祖母は信心深い安芸門徒浄土真宗)である。

毎日の読経はかかさず、何かあると「仏様のバチがあたる」と叱られていた。

5歳のある日何かを叱られた私は「ばーちゃんのバカー!」と祖母を罵った。

その20秒後ボットン便所に落ちそうになった所を祖母に救われ

「あ、これバチだわ」と思った。見えないものに対する原体験である。

右足プラーンとなった。死んだと思った。

 

エピソード2 宮沢賢治のせい

家には大量に本があった。

父が子供の頃の本や漫画など。漢字は漫画で覚えた口である。

その中に宮沢賢治の本があった。

かなり古い本だったが、ルビが振ってあったおかげで読むことができた。

あとがきや解説までしっかり読み込んだ。

と同時に、ギリシャ神話だかの星座の始まりを書いた本があったのでそれも読んでいた。

こうして星と石が好きな子供になった。

そこら辺の花崗岩を集めて観察していた。宮沢賢治への憧れがなせる技である。

 

エピソード3 夏休み

小学校の夏休みは朝からアニメを見ていた。

当時好きだったのは「ひらけポンキッキ」後の「ポンキッキーズ」である。

その中のコーナーに「花子さんが来た!」

というのがあった。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/488475915X/ref=pd_aw_sim_sbs_1?ie=UTF8&psc=1&refRID=5E7SAYVQJXS66N0N09DT&dpPl=1&dpID=511F8080KCL

様々な現代妖怪をトイレの花子さんが千切っては投げ千切っては投げ

最後に颯爽と去ってゆく、後期の鬼太郎的なアニメである。

すっげー怖かったのだが、やはり花子さんがかっこよくて好きだった。

で、その花子さんの本(ハードカバーで赤と青の二冊)を買ってもらったのだが

これがまた都市伝説の塊であった。死ぬほど怖かった。

そこで私はかの「紫鏡」に出会ってしまったのである。

簡単に説明すると「紫鏡」という言葉を20歳まで覚えていると、20歳になった時に死ぬというやつである。

ここまで有名だが、花子さんの本には「白い水晶玉」という言葉を覚えていれば回避できる

とおまじないが載っていたのだ!助かった!

このあたりから、おまじない的なものに目覚める。

 

エピソード4 各種アニメや漫画の影響

魔法陣グルグルカードキャプターさくらの罪は重い。

 

こんな感じで見えないものにハマっていったなぁという記憶。

怖い話ばっかりじゃねえか。

 

13日目

オンラインサロンに登録

朝活しようと思ったんだけど、1人だとだらける。自信がある。

ということで、仲間を見つけに行ってみた。

あと知らない人とコミュニケーションとる練習も兼ねて。