ビビりあげろんの記録と実験

考えたことをまとめたり、気になることを試したり

読書

太宰治「駆け込み訴え」をざっくり要約してみた

むしゃくしゃしてやった。反省はしていない。 あと、たぶん疲れとるんだと思う。 駆け込み訴え/太宰治「私」は純情で一途な恋?する乙男(オトメン)。 大好きなアイツにはいっぱいいっぱいいーっぱい尽くしちゃう❤️ でもでも全然振り向いてくれなくて… え〜…

「蘭学事始」読了

"蘭学事始"(杉田玄白 著) http://a.co/0POKyTl この間NHKの歴史番組で杉田玄白をやってたんです。 解体新書を出版するか止めとくか選択、みたいな番組。 回想録が資料として引用されていたのですが「あれ、この人なかなか面白い人では?」と思い読んでみま…

本を読むなら最低3冊

大学の先生から教わったこと。 1ジャンルにつき3冊ですが、何でもいいというわけではなく。

教科書に載らない「雨ニモマケズ」

知ってる人は知っている。 知らない人は覚えてね。 おいらはボイラー

図書館と本屋にかかっている魔法の違いについて

図書館と本屋には魔法がかかっている。 そう、タイムスリップ系の魔法である。 なぜか未来に行くことしかできない。過去には行けない。不思議なことに。 おかげでやろうと思っていたことが出来ないくらい時間が経っている。 しかし図書館と本屋では、若干だ…

オススメのマイナーな宮沢賢治作品を5つ挙げてみた!

宮沢賢治作品が好きです。 ちなみにご本人様については、エピソードを聞く限り嫌いという訳ではないのですが、それほど好きなタイプではないです。 まるで自分を見るようで(笑) さて、宮沢賢治作品といえば「注文の多い料理店」「銀河鉄道の夜」など どち…